金持ちになりたければあらかじめ金融知識を積んでおくことも重要ですよ。

こんにちは。皆様に貸付と金融ニュースをお知らせする現在のブログです。 最近貸付を調べる方がうんと増えています。 特に、初めて融資を受ける方は、最初のボタンをしっかり掛けなければなりません。 しかし、どこから貸付を始めて、きちんとした貸付が正しいか判断しにくいことがほとんどです。 今日はローンに第一歩を踏み出した方のためにローンを受けるコツについて整理してみました。 しっかり読んで、しっかり準備して、賢い融資を受けてください。

貸し出しの種類です。
融資には信用融資、担保融資に区分します。 信用貸付とは、個人の信用点数を担保にして受ける貸付のことで、担保貸付は自分名義の資産を通じて受ける貸付のことです。 貸付が初めての方は、財産のない方がほとんどなので、信用貸付を主に計画している方が多いです。

信用格付けです。
過去には、信用格付けを1~10等級にし、さらに分類していましたが、21年度には信用格付けを点数で割って、より細かく信用格付けを行うことができます。 そのため、1~2点差で等級が下がる方達に多大な不利益を与えて、融資やクレジットカードの発行が困難だったのです。 格付け点数制が導入され、このような不利益を減少することができるようになりました。

最初の貸し出し順序です。
金融業界は三つに分かれていますが、第1金融、第2金融、第3金融に分類されます。 まず、第1金融は新韓銀行、ウリィ銀行、国民銀行などの都市銀行で、第2金融は貯蓄銀行、カード会社、キャピタルなどがございます。 第3金融は、私金融とも言い、普通貸付業者で構成されています。

初めて貸し出しを受ける時は都市銀行である第1金融圏で調べなければなりません。 –第1金融が最も金利が低く、格付け下落も最も幅が少ないからですが…。 ノンバンクや私金融を利用すると、信用格付けが急激に下がることがあります。 そうなれば、格付けが下がり、第1金融圏からの融資が受けにくくなります。


●銀行融資を受けるコツです


まず取引が最も多いメインバンク 내구제 で貸付を申請するのがいいのですが。 活発な取引を行う人は、金利や限度において他の銀行より優遇されるからです。 たまにメインバンクからローンが組まれないのであれば、他の支店にお越しいただくのも良い方法です。



足を運びなさい

「同じ銀行でももっと調べなければならない理由は、各支店の職員と支店長が違うからです。 ノンバンク銀行では、行員と相談した上で支店長が融資を決定しますので、本人に合った支店と職員を調べた方が良いです。



ローン相談の準備をしてください。

まず貸し出しを受ける時は、具体的な計画をよく立てて行かなければなりません。 お金が必要な理由や、必要な金額、返済の計画をスタッフに伝える必要があるからです。 1次的な審査は職員が判断するので、お金をちゃんと返すことができるという信頼ができてこそ次の審査にいい影響を与えることができます。


低金利で融資を受けるコツ
金利は主に在職会社、所得、信用等級によって決定されます。 優待金利が適用されるに従って金利が変動することがあります。 「また、信用点数が高くなったら、金利引き上げを要求することもできますが」 「融資を受けた時点でより良い会社に転職したり、昇進したりした場合は、銀行に金利引き上げを要求しなければなりません。

国家福祉貸付を活用します。
「政府は、低所得層、社会人新人のために国家福祉貸付を運営しているんですが。」 代表的に、ポグムジャリロンと踏み石ローンは住宅購入のための融資、家賃ローンとチョンセ融資はチョンセ·ウォルセ保証金のための融資、その他にも様々な種類の融資があります。 国家福祉ローンは国の福祉レベルのローンですから低金利でご利用いただけます。

初めて貸し出しを調べましたら、




どうしても貸し出しが必要ですか。

ほとんどの20代の方たちはまだちゃんとした信用がないので、融資を受けても高金利を利用しなければなりませんが。 両親と知人に低金利で借りられるなら、この方法を使うのがいいです。



計画的な貸付け

生きていながら貸し出しが必要な日が来る時があります。 結婚、住居、子供の学費など決定的な瞬間は融資を受けざるを得ないのですが、 普段から計画のない多くの融資や債務がたまると、いざ最も重要な時には融資を受けられないことがあります。





信用取引実績を作成します。

貸付のコツのうちの1つは、後で貸付を受ける時、限度額や金利をより良い条件で受け取るため、予め信用実績を作ることも重要ですが 特に、クレジットカードを持っていない方は、融資を受けると取引内訳が不足するため、融資を受けられないことがあります。 そのため、最低1年以上前もって実績を上げてクレジットカードを乱用しないよう使用することが重要です。





金融知識の勉強です。

金持ちになりたければあらかじめ金融知識を積んでおくことも重要ですよ。 どのような方法で誰が金を稼いだのか、資本主義がどのような原理に戻るのか、本やブログ、ユーチューブなど様々な方法を通じて経済金融のルールを熟知していただくことが重要です」

今日ローンを受けるコツについて調べてみました。 融資を受けることも、資本主義という枠の中では技術です。 最近株の貸し出しを受けてうまくいく人も多いんですが。 ローンの使い方次第で薬にはなりますが、間違った使い方をすると毒になりますよ。 皆さんは賢く使い、薬になる融資を受けてほしいと思います。

답글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다